相続・贈与

相続・贈与、事業継承

こんなことで悩んでいませんか?

  • 相続税っていくらかかるのだろうか?
  • 「相続」が「争続」にならないためには。
  • 相続時に、土地を手放さず子供に渡したい。
  • 相続時に、本家を守る方法は?
  • 遺言状の作成方法は?
  • 相続人同士の話し合いを円滑に進めたい。
  • 相続税の話をなかなか親に切り出せない。

遺言作成

遺言書作成には次のメリットがあります。
 ・紛争の事前防止ができる。
  ご自分の死後、財産をどのように遺産分けして欲しいかを明確にしておけば、遺産相続争いを
  防ぐことができます。
 ・相続人以外に対しても財産を残すことができる。
  内縁の妻又は嫁等に対しては、遺言でなければ財産を残すことができません。
 ・スムーズな名義変更が可能となる。
  遺言書があれば、遺産分割手続によらず不動産登記又は預金の名義変更が可能となります。

資産運用に役立つ相続・贈与情報

 ・相続時精算課税制度を利用した子供への宅地の贈与
  子供の住宅建築のために宅地を贈与すると、将来の財産争いを心配する必要がなくなり
  ます。また、将来値上がり見込のある資産を贈与することにより相続税対策にもなります。

成功事例・失敗事例

 ・成功事例
  土地の有効活用により、外食産業へ一括賃貸し賃貸料により所得が大幅にアップし、
  土地の評価減等により相続税対策にもなった。
 ・失敗事例
  相続税対策のためになると考えアパートを建築したが、子供名義であったため節税効
  果が全くなかった。

資産活用 | 相続・贈与 | コンサルティング紹介 | 財産ドックオーナー会 | 成功事例